マカオコンシェルジュのブログ


by マカオコンシェルジュ

ビバマカオ航空債権者集会を9月に開催

消費者委員会への苦情は2000件を超え、内マカオ人は約800件

マカオ初級裁判所は、本年9月13、14日にVIVA MACAU航空の債権者集会を行う旨公表した。消費者委員会は電子メールを通しすでに債権者に告知をしている。2千数件の苦情のうちマカオ住民は約870件、その他は外国人で負債額は600万ドルを越えている。

マカオ経済局スポークスマンは、昨晩6時までにvivamacauが支払うべき第1期返済額4000万mopの支払いがなかったことを公表。

消費者委員会の執行委員会主席 黄翰寧氏は、VIVA MACAUの案件が発生した本年3月26日から先週の金曜日までに、合計2229件の苦情を受け、負債金額は650万ドルを超えると発表した。

初級裁判所はすでに新聞を通して、本年9月13日、14日10時よりMACAU FORUMにてVIVA MACAUの債権者集会を開催することを公表し、裁判所の通達に沿い、消費者委員会は電子メールにて2千数名の債権者に集会の内容を告知している。

経済財政司の譚伯源司長によると、マカオ特区政府はVIVA MACAUとの貸付協議の際、商工業発展基金会は双方の貸付協議同意に基づき、第一期返済額4000万ドルの返済期限を7月1日と決定していた。
しかしながら、昨晩6時までにVIVA MACAUより第1期返済は行われておらず、当局はVIVA MACAUへ期限どおりに返済するよう通達を提出。いまだ先方より回答はないと公表している。


【澳門日報:7月2日】
[PR]
by macau_de_spa | 2010-07-06 12:50 | マカオの最新ニュース